ボトックスの情報を調べる【慣れれば気にならなくなる程度】

定期的な投与が必要です

カウンセリング

施術スケジュールが大事

ボトックスはボツリヌス菌から作り出されるボツリヌストキシンなどを有効成分として生成されている薬です。ボトックスには筋肉を緊張させている神経などの働きを抑える働きがあり、ボツリヌストキシンをエラや筋肉などに注射すると筋肉の緊張などを和らげることができ、理想のフェイスラインに仕上がることができたり小顔に仕上げたりすることが可能です。さまざまな医療現場において利用されていて、介護の世界でも利用されていて手足が動かしやすくしたり、手足のつっぱりなどに悩んでいる人の症状を緩和したりするなどのいろいろな効果が期待されています。ボトックスの効果は注射してから2?3日目から次第に効果を実感することができ、通常3?4カ月ぐらいはきちんと持続することが可能です。効果は徐々に消えていくので治療を続ける場合、年に数回ボトックスの注射を受ける必要があります。治療の流れはまず医師とよく相談し、治療スケジュールや目標などを決めます。投与する日の予約を行い、初回投与を行います。次に効果を確認しながら医師とよく相談し、次回投与日を決めたり予約を行ったりすることが可能です。2回目の投与を行い、2回目以降はこれらの順番を繰り返して行きます。効果の持続期間は人によってさまざまですが、一般的に6ヵ月〜1年ぐらいと言われています。まずは信頼することができるクリニックを選び、カウンセリングを行い初回投与や経過観察などを行いながら次回の予約を行うと良いでしょう。きちんと治療スケジュールを組み立てることによって効率良く利用することができます。ボトックス治療を受ける前にいくつかの注意があります。治療する前に医師にきちんと告げなければいけないことがあり、例えば現在ボトックス治療を受けていたり過去に受けたことがあったりするなら申請する必要があります。その場合は投与した時期や投与量などをきちんと報告することをおすすめします。全身性の筋力脱力を起こすような病気、例えば重症筋無力症やランバート・イートン症候群・筋委縮性側索硬化症などのある人は告知が必要で、ボトックスはこれらの病気を悪化させることがあるので治療を受けられないことがあります。以前投与した際に発疹などのアレルギーを経験したことがある人や、もともとアレルギー体質の人も対象です。喘息などの慢性的な呼吸器系の病気がある人や妊娠している人、妊娠しているかもしれない人も注意が必要で、授乳中の人もきちんと医師に言いましょう。現在何か服用している薬があるならきちんと申請し、中には同時に使用できない医薬品もあります。アミノグリコシド系抗生物質やパーキンソン病など治療薬、筋弛緩薬や精神安定剤などを服用している人は、ボトックスと一緒に服用すると強く効果が現れることがあるので、医師の判断が必要になるでしょう。ボトックスの効果には個人差があり、多く量を注入すれば良いというものではありません。人によっては6ヵ月ぐらい効果を維持することができ、定期的に投与することによって半永久的に効果を得ることが可能です。医師と相談して無理のない適切な施術スケジュールを組むことをおすすめします。